理由も言わず別れを告げられ、後に知った真相

ただのチャラ男だった元カレ

私が20歳の時、友達に「年下のイケメンが来るからカラオケ行かない?」と誘われ、そこで当時19歳のS君と出会いました。
S君は私が当時好きだったモデルに似ていて私は一目惚れ、S君も私を気に入ってくれたようで出会った次の日にS君から告白されて付き合う事になりました。

 


私はセレクトショップで働いていてS君は専門学校生、実家に住む私の家からS君のアパートまでは1時間ほどかかる中距離恋愛、S君に夢中になっていた私は休みの日はもちろん仕事がある日でも夜に車を走らせ頻繁に会いに行っていました。

 


S君は早くに父親を亡くしてシングルマザーの家庭で育った為か料理も掃除も得意でまめな性格、身の回りの事はなんでもそつなくこなし、とてもしっかりしているように見えました。家事が苦手だった私はS君に尊敬の気持ちもあり、普段は甘えん坊なS君が可愛くもあり、愛おしくてたまらないといった感じで幸せな日々を過ごしていました。


男女

付き合って4ヶ月がたち、全てがうまくいっていると思っていたある日、突然「別れたい。」とS君から告げられました。理由は言わずただ泣いているS君を前に最初は頭が真っ白になってしまった私ですが、徐々に冷静さを取り戻し、自分なりに理由を想像しました。


私は愛情表現があまり得意ではなく、好きという言葉も自分からあまり言うこともなく、時々S君から「本当に俺の事好きなの?」と確認されることがありました。S君を不安にさせていた自分が悪いのだと思い、何も聞かず別れを受け入れました。
私は振られるのが初めてでした。まだS君の事が大好きな自分の気持ちをどう処理すれば良いか分からず、早く忘れたいともがいていた時、高校の頃に好きだったA君から告白され、S君と別れてまだ一ヶ月ほどでしたが、救世主が現れたと思い付き合う事にしました。

 


A君と付き合って半月ほどたった時、S君から電話がありました。コンビニで私の友達と偶然会い、私に新しい彼が出来たことを知り、話があるから会いたいという内容でした。正直まだS君に未練があった私は話を聞くだけと自分に言い聞かせ会いに行きました。部屋に入ったらS君は号泣し始め、「本当に分かれるつもりはなかった。待っていてくれると思ったのに。」とよく分からない事を言い始め、私は意味は分からなかったけどS君には自分がいないとダメだと思い込み、A君に別れを告げました。

 


やり直せると思っていた私ですが、その後のS君は私とハッキリよりを戻そうとせず、私はS君の都合のいい時に呼び出される都合のいい女になっていきました。まるで別人のような変わりようで、付き合っていた時のS君は演技?幻?と思えてきました。
S君に絶望しながらも関係を断ち切れないで悩んでいた私に、ある日S君が別れた真相を自分から告白しました。

 


S君が友達と公園に行った時に、友達が女子高生2人をナンパして、そのうちの1人がS君の事を気に入り、その女子高生に手を出してしまったそうです。その女子高生は初めてだったそうでS君に夢中になってしまい、S君のアパートに勝手に来るようになり、S君は責任を感じて冷たくもできず、このままでは私にいつかバレてしまうと思い、一度私に別れを告げて女子高生をなんとかしてからよりを戻そうと思っていたそうです。

 


その話を聞いてショックでしたが、その話を半笑いで平気で話すS君の態度により強いショックを受けました。
その数ヶ月後によりを戻そうと言われましたが、「無理!」と断り会っていません。